司法書士関川の■南青山の事務所で思うがまま日記■
会社経営者の皆様、こんにちは!東京都港区の司法書士・行政書士関川です。真面目な話題から脱力系な話題まで、日々更新中です。お時間の許す限り、ご覧くださいませ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
企業を取り巻く法律
 こんにちは。
 今日は早めにブログを更新しようと思い、パソコンの前に座った瞬間・・・目の前を、大きな蚊が横切りました。(1時間前)
 その後、その大きな蚊と戦っているうちに、気がつくと午前1時・・・。ようやくパソコンの前に戻ってきました。
 勿論、蚊は見失いました・・・

 さて、本題に入ります。題名に示したとおり、企業の周りには、様々な法律が整備されています。さて、どのくらいの法律があるのでしょうか。
 実際に数える事、実はとても大変です。そのためだけに、アシスタントを雇わなければならないほど、法律は存在しています。そして、法律以外にも、規則や命令、はたまた条例など・・・世の中には様々が規定が存在しており、そのすべてを1人で把握する事は、ほぼ不可能であると言えます。

 今回は、その中から主要と思われる法令を、思いつくままに列挙します。皆様、どれほど理解なさっているでしょうか。

 1、民法
 2、商法
 3、会社法
 4、手形法
 5、小切手法
 6、金融商品取引法
 7、消費者契約法
 8、いわゆる「業法」 (宅建業法 旅行業法 貸金業法 など)
 9、独禁法
 10、不正競争防止法
 11、景表法
 12、個人情報保護法
 13、PL法
 14、食品衛生法
 15、家庭用品品質表示法
 16、JAS法
 17、割賦販売法
 18、特定商取引法
 19、利息制限法
 20、刑法

 ・・・ここら辺で止めておきます。

 以上がざっと、代表的な法律たちでしょうか。
 どうですか?

 名前は知っているけれども、実際はどんな法律なのか、把握しきれていないものが殆どなのではないでしょうか。

 はっきりいって、駆け出しの「中小企業」が、上記すべての法律を把握し、さらには、使いこなしていこうとしても、それは只の理想論として終わってしまう可能性が高いと思われます。
 
 では、どうすればいいのでしょう。様々な法律の存在が、迅速な意思決定を阻害するなど、ナンセンスですよね。しかし、「知らなかった」で済まされる(免責される)程、世の中は甘くはありません。「無視」などは、もっての外の態度です。

 では、本当にどうすればよいのでしょう。
 私は、
 「法律スレスレの所で儲けていこうとは思わない事」
 が、大切だと思っています。
 
 出る杭は、必ず打たれます。目立つ前は、多少の「粗相」に関しても、世間は目を瞑ってくれるかもしれません。しかし、それは只単に、世間に相手にされないだけのレベルに過ぎないからかもしれません。
 成功すればするほど、その「粗相」は攻撃の対象とされ、後々の命取りになってしまう可能性も高くなります。そんなことになってしまえば、今までの努力が、元も子もありませんよね。

 けれども、このようなことばかりを考えて、萎縮している必要も、実はないのです。上記に掲げた法律は、決して、貴方を陥れるためだけに作られたものでは無いからです。
 なぜなら、これら法律を武器に、競合他社を積極的に攻撃していく事も可能だからです。
 ただ、そのためには、自社が法律を順守している事が、必要最低条件となりますが・・・。

 本日は、以上に致します。
 最後までお読みいただき、有難うございました。
 ブログランキングボタンを押して、関川を応援して下さい!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆
 ありがとうございます!
スポンサーサイト
【2007/03/08 01:39】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<私の夢 | ホーム | 会社を安全運転する>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kigyoukasien.blog88.fc2.com/tb.php/44-d091bb32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ビジネス契約書の起案・検討のしかた―リス
研修所からもらった白表紙には、「予防法学的業務」というところに、契約書の一般的事項しか書いていないし、よくある契約書関係の本にも一般的条項しかなく、そんなのは研修所出れば誰でも書ける。他方、いちいち兄弁をつかまえ、聞くにも限界がある。ところが、この本は、 法律を極める【2007/09/26 04:09】
プロフィール

司法書士・行政書士 関川嘉一

Author:司法書士・行政書士 関川嘉一
こんにちは!


司法書士の関川と申します。
中小企業の社長を元気にすべく、日々「会社の登記」や「契約書の作成」はたまた「遺言書の作成」の業務を行っております。

ライバル多きこの世の中、御社の事業を持続的に成長させるためには、情報を知っているだけでは足りません。情報を活用する力が必要になります。

弊所では、それを「応用力」と言っています。

ライバルと差をつけるために、何をしなければならないのか・・・

一緒に考えてみませんか?
不況だといわれる今を、チャンスに変えましょう!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。