司法書士関川の■南青山の事務所で思うがまま日記■
会社経営者の皆様、こんにちは!東京都港区の司法書士・行政書士関川です。真面目な話題から脱力系な話題まで、日々更新中です。お時間の許す限り、ご覧くださいませ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
まだ3月でした
こんにちは。

今日は、3月31日。昨日のブログで変な事を書いてしまいましたが・・・
気にしないでください(汗)

明日から、4月ですね。これからも宜しくお願い致します。

ブログランク参加しています。「関川しっかりして!」と思った方は、クリックお願い致します。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆
がんばります☆
スポンサーサイト
【2007/03/31 18:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
言い忘れていました
 今月から、ドリームゲートのアドバイザーとして登録する事になりました。

 1つでも多くの企業の、成功のお手伝いができればと思っています。

 ここでの出会いが、一生の宝物になりますように。


 にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココをクリックして、関川を応援して下さい☆
【2007/03/31 01:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
3月も終わりました
こんにちは。

 このブログを書いている時点で、日付は4月1日。忙しい(はず)の、年度末も去っていきました。
 開業して2ヶ月少々の私ですが、ありがたい事に、年度末も予定が詰まってくれました。感謝の気持ちで一杯です。

 しかし!

 それと反比例するが如く、本業のブログの更新が、どんどん疎かになってしまっていましたので・・・4月からは心機一転!本業にも再度力をいれていきたいと思っていますので、これからも関川を宜しくお願い致します!

 それでは、、、寝ます!おやすみなさい!

ブログランク参加しています。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆
ありがとうございます!
【2007/03/31 01:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
杜の都(ですよね)
こんにちは。

 本日、杜の都「仙台」に行って来ました。(日帰りです)

 午前中までいた東京は、結構暖かかったのですが、仙台は少し肌寒かったです。
 
 ということで、本題へ。
 今日仙台にて関川が受けた「軽い」カルチャーショックを、ご紹介致します。

 皆さん、エスカレーターに乗る時、どちら側の通路を空けますか?
 ちなみに、東京では、右側を空けます。
 永田町で半蔵門線から有楽町線に乗り換えるときも、東京駅で京葉線に乗る時も、都営大江戸線に乗る時も・・・皆さん綺麗に左に寄っています。
 が、仙台では逆でした。皆さん右に寄っていました。(左側を空けていました)
 ・・・
 まあ、そんな事は同でも良いのですが、東京でも仙台でも共通しているのは、「急いでいる人への思いやりの気持ち」でしょうか。

 という事で、今日はこんな話を書きつつ、仕事に戻ります・・・

 

 最後まで読んでいただき有難うございました。
 ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココをクリック☆
 ありがとうございました!

【2007/03/28 20:32】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) |
破産と倒産
 こんにちは。

 地獄の3月も、今週で終わりですね。

 さて、今回は破産法に関して少しだけお話しておきます。

 皆様、破産と倒産の違いはお分かりですか?

 軽くイメージして頂けばいいのですが、倒産という広い概念の一部として、破産があると理解していただければ結構です。

 今日は、以上です。(短くて申し訳ないです)

 ブログランキング参加しています。是非、下のボタンを押して、関川を応援よろしくお願します!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆
 
【2007/03/26 01:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
山形まで行って来ました
 こんにちは。

 木金と、お仕事で山形まで行って来ました。

 詳しく言いますと、「山形の永井」というところです。

 とても寒かったです・・・

 が、皆さんとても温かく迎えていただいたので、心はとてもヌクヌクでした。

 また、是非行きたいです。(今度は夏に車で・・・)

 
 帰りの電車で食べたのは、もちろん「牛肉 どまんなか弁当」米沢牛をふんだんに使われた、牛丼弁当なのですが、これがまたおいしい!
 もちろん、牛丼を食べた後の記憶がありません。なぜって?勿論、爆睡してたからです。

 
 本日は、以上に致します。

 あと、近々ブログの趣向を少し変えてみようと思っていますので、ここにて告知しておきます。

 本日も、ここまで読んでいただき有難うございました。
 下のボタンを押して、関川を応援宜しくお願い致します。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆
 有難うございました! 
【2007/03/24 19:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
内容証明(3)
こんにちは。

 しばらく更新をする事ができず、申し訳ございませんでした。

 今日も今すぐに寝たいのですが、お酒の力も借り、一気呵成に更新してしまおうと思います。(明日はお休みですから!)

と、その前に・・・。
 今日は、田町駅前で行われた「街頭無料法律相談会」に参加してきました。街頭の気温計が10度を切る中、さらに風も強く、とても寒い環境にも関わらず、過去最高の相談者数を記録したとかで、先輩司法書士の皆様、お疲れ様でした。

 という事で、「それでは本題に」といこうかと思ったのですが・・・

 今回は、今までとは違います。

 前回の続きを知りたい方は、2007年3月30日までに、弊所メールアドレス宛にご連絡ください。

 その際に、
 1.ニックネーム
 2.ご職業
 3.今後掲載して欲しい情報
 
 も、必ず記載して下さい。上記をすべて満たした方へ、同月31日付けで、続きをお送り致します。

 それでは、お待ちしております☆

 ついでにと言ってはなんですが・・・よろしければ、下のボタンを押して、関川を応援して下さい☆只今ランキング急降下中です!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆
 有難うございます!

【2007/03/21 00:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
内容証明(2)
 こんにちは。

 前回の続きです。

一 はじめに、内容証明は何のために使われるのでしょうか。一般的に考えられる理由としては、
 1、相手方に対する心理的プレッシャーを与え、返済を期待する事でしょう。
 2、また、後々の裁判になった時の、書証とする事も考えられます。

 大抵の方が思いつくのが、「催告」による時効の中断です。また、それ以外にも、金銭消費貸借契約(お金を貸し、返してもらう契約)の成立を、間接的にでも裁判官にアピールする為にも使えるかもしれません。


二 そして、まずは欠点の前に、『良い所』を挙げてみます。

 1、(内容が簡潔であること)

 まず、内容が簡潔である事が挙げられます。
 内容が簡潔である為に、
(あ)まず、郵便のコストが削減できます。
(い)そして、内容も相手方に伝わりやすくなります。
(う)さらには、専門家への報酬も割安になります。

 2、(訴状に書くべき請求原因事実が主張されている事)

 そして、当該内容証明の「内容」として、訴状に書くべき請求原因事実が主張されている事も、あげる事が出来ます。
 日本の裁判においては、予め、事件毎に、「原告」「被告」が主張すべき事柄が定められています(法律要件分類説)。裁判は、私的紛争を法的に解決してくれる機関であることは、誰もが承知している事実ですよね。
 ですので、例えば今回「依頼者(Xさんとします)」の方が、一向にお金を返してもらえずに、最終的に裁判をおこす事になったと仮定します。そこで、原告である「X」が、裁判所においてまず主張・立証しなければならない事柄が、大凡は前回示した「内容証明」に記された事柄であり、それで事足りるわけであります。

 ※「お金は返済した」という事実は、被告であるAさんが、裁判上で主張しなくてはなりません。 

 ということは、仮にAさんが、お金を既に返済していたのならば、この内容証明郵便が送られてきた時点で、何らかの反応を示してくることが、大まかに予測する事ができますよね。通常は、内容証明郵便で弁済の旨を主張してくる事が考えられます。
 であるからして、仮に訴訟にまでもつれた時に、書証として「依頼者」の催告の内容証明のみが、甲号証として提出された場合、裁判官はこう思うのではないでしょうか。
 「被告(A)は、何の反応もしなかったのだろうか・・・。反応しないという事は、もしや・・・」
 上記のような、裁判官の心象を形成する事ができれば、しめたものですよね。
 このように、内容証明を送る事によって、後々の裁判を有利にすすめていく事ができる「かも」しれません。

 (ごめんなさい!続きは次回にいたします・・・)



***番外編(ちょっと次回のネタばらし)***

 Aの立場であれば、どの様な対応をする事が良いのでしょうか。

 私見ではありますが、以下のような対応が理想的だと思われます。

1、まず、「依頼者」に電話をする。
2、そして、話合いの場を設ける。
3、話がまとまれば、それで良し◎
4、①お金を返していなければ、返済する。
  ②返していれば、その旨の証拠を残しておく。
  ③話合いがつかなければ、内容証明によって、意思表示をしておく。

 『相手が喧嘩腰できても、こちら側は冷静に紳士的に対応する』事が大切です。
 (※怒鳴られても心配しないでください。こういう状況で電話をする時には、予め当該内容を録音しておく事が大切です。もし、相手が威圧的に来る場合には、その録音テープを、警察に提出してみましょう!)

 また、特に「商売上のトラブル」においては、裁判沙汰になることは、原則的に好ましくないと考えられます。
 なぜなら、裁判になって勝訴したとしても、得られる利益は「弁済をしない利益」だけかもしれません。以降、今までのお得意様であった「X」との取引を失ってしまうでしょう。
 ちなみに、事前に「win-win」の関係(双方が「勝った♪」と思える関係)で和解できたとすれば、多少の出費をしたとしても、「X」さんは、以降もお客様でいてくれる可能性が高くなります。
 ということで、「まずは、打開策を見つける事に力を注ぎ、トラブルを円満に解決する事に集中するべき」です。なぜなら、「相手方は、大切なお客様」だからです。
 
 (なお、そうは言いましたが、実際の所「株主の目」も、気にする必要もありますね。関係維持のために「X」側にイニシアティブを取られるのは好ましくありません。「株主」も「X」も納得させる。そんなバランス感覚が、経営者には必要です。)

*******************
 

 今日も、最後まで読んでいただき、有難うございました。

ブログランキング、参加しています。是非、クリックしてください!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆

ありがとうございます!
【2007/03/14 02:25】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) |
内容証明はこう使うもの(1)
 3月も、中旬に入りつつあります。皆様、いかがおすごしですか?

 今日は、久しぶりに「司法書士」っぽい記事を書きます。(文中意見にあたるものは、すべて私の私見です。)
 そんな感じで、今日のタイトルは「内容証明はこう使うもの」。

 内容証明郵便を、適切に使ってますか? 

 まず、事例を挙げてお話致します。


 『東京都に事務所を構える、「〇〇書士さん」のもとに、1人のお客様が相談に来ました。
 「先生、私、Aさんに一年前にお金を1,000万円貸したのですが、いっこうに返してもらえないんです。どうしたら良いでしょう・・・」
 「内容証明を送りましょう。私が書いてあげますから。」
 という事で、「〇〇書士さん」は、配達証明付の内容証明郵便で、以下の内容の請求書を送りました。

内容証明の中身(抄)
******************************************
* *
*     催告書(最終通知) *
* (略) *
* 去る平成〇年〇月〇日、私が貴殿に貸し渡*
*しました、金1,000万円につき、弁済期*
*である平成×年×月×日を経過した後も、全*
*く返済されておりませんので、早急に返済し*
*ていただきますよう、お願い申し上げます。*
* なお、下記期限内にお支払がない場合は法*
*的措置を取りますことを、予めご了承くださ*
*い。 *
* (略) *
******************************************


 どうでしょう。

 よくある事例だと思うのですが、問題はないですか? 
 
 少し考えてみてください。

 続きは次回に致します。

 ブログランキングボタンをクリックして、関川を応援して下さい!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆
 有難うございます!
【2007/03/10 03:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
私の夢
 こんにちは。

 今回の題名を見て、「おや?」と思っていただいた方。どうもありがとうございます。今回は、いつもとは少し違うニュアンスの記事を書きます。

 今回の題名は「私の夢」。少し恥ずかしいタイトルです。

 しかしながら、人は誰しもが、夢を持ちながら生活しています。
 それでは、夢とは一体何でしょう。ちなみに、私の中では、「夢」という言葉は、時に「目標」という言葉に置き換わっています。
 つまり、夢とは実現するものであると考えております。
 けれども、夢を実現した途端、夢は消えてしまいます。そして、次の瞬間には、また新たな夢が生まれ、それを実現しようとしていきます。
 つまりは、夢とはキリがないものなのです。(そう、私は思っています。)

 では、私の今の夢とは何か。
 今現在の私は、2つの夢を挙げる事ができます。

 1つは、「私に依頼してくれたお客様が、夢を実現していく事」。
 もう1つは、「私も、成長する事」です。

 あなたのよき参謀役となるために、知識武装するのは勿論、人間性を豊かにするため、まだまだ勉強の道は続きます。

 そのために具体的にどうするのか。詳しい事は言えませんが、これからも進化し続ける関川を、応援して下さい。
 今回は、以上にいたします。


 そんな、関川を応援クリック☆宜しくお願い致します!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココをクリックお願します☆
 有難うございます!
【2007/03/09 00:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
企業を取り巻く法律
 こんにちは。
 今日は早めにブログを更新しようと思い、パソコンの前に座った瞬間・・・目の前を、大きな蚊が横切りました。(1時間前)
 その後、その大きな蚊と戦っているうちに、気がつくと午前1時・・・。ようやくパソコンの前に戻ってきました。
 勿論、蚊は見失いました・・・

 さて、本題に入ります。題名に示したとおり、企業の周りには、様々な法律が整備されています。さて、どのくらいの法律があるのでしょうか。
 実際に数える事、実はとても大変です。そのためだけに、アシスタントを雇わなければならないほど、法律は存在しています。そして、法律以外にも、規則や命令、はたまた条例など・・・世の中には様々が規定が存在しており、そのすべてを1人で把握する事は、ほぼ不可能であると言えます。

 今回は、その中から主要と思われる法令を、思いつくままに列挙します。皆様、どれほど理解なさっているでしょうか。

 1、民法
 2、商法
 3、会社法
 4、手形法
 5、小切手法
 6、金融商品取引法
 7、消費者契約法
 8、いわゆる「業法」 (宅建業法 旅行業法 貸金業法 など)
 9、独禁法
 10、不正競争防止法
 11、景表法
 12、個人情報保護法
 13、PL法
 14、食品衛生法
 15、家庭用品品質表示法
 16、JAS法
 17、割賦販売法
 18、特定商取引法
 19、利息制限法
 20、刑法

 ・・・ここら辺で止めておきます。

 以上がざっと、代表的な法律たちでしょうか。
 どうですか?

 名前は知っているけれども、実際はどんな法律なのか、把握しきれていないものが殆どなのではないでしょうか。

 はっきりいって、駆け出しの「中小企業」が、上記すべての法律を把握し、さらには、使いこなしていこうとしても、それは只の理想論として終わってしまう可能性が高いと思われます。
 
 では、どうすればいいのでしょう。様々な法律の存在が、迅速な意思決定を阻害するなど、ナンセンスですよね。しかし、「知らなかった」で済まされる(免責される)程、世の中は甘くはありません。「無視」などは、もっての外の態度です。

 では、本当にどうすればよいのでしょう。
 私は、
 「法律スレスレの所で儲けていこうとは思わない事」
 が、大切だと思っています。
 
 出る杭は、必ず打たれます。目立つ前は、多少の「粗相」に関しても、世間は目を瞑ってくれるかもしれません。しかし、それは只単に、世間に相手にされないだけのレベルに過ぎないからかもしれません。
 成功すればするほど、その「粗相」は攻撃の対象とされ、後々の命取りになってしまう可能性も高くなります。そんなことになってしまえば、今までの努力が、元も子もありませんよね。

 けれども、このようなことばかりを考えて、萎縮している必要も、実はないのです。上記に掲げた法律は、決して、貴方を陥れるためだけに作られたものでは無いからです。
 なぜなら、これら法律を武器に、競合他社を積極的に攻撃していく事も可能だからです。
 ただ、そのためには、自社が法律を順守している事が、必要最低条件となりますが・・・。

 本日は、以上に致します。
 最後までお読みいただき、有難うございました。
 ブログランキングボタンを押して、関川を応援して下さい!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆
 ありがとうございます!
【2007/03/08 01:39】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) |
会社を安全運転する
 こんにちは。
 今日も、3食を辛子明太子と共に過ごしました。今や、辛さにも慣れてしまい、普通のタラコのように頂いています・・・「どっから明太子」。(それにしても、おいしい)

 それでは、前回全くお話できなかった「会社経営と自動車の運転の間の類似点」に関してお話致します。

 会社を経営する事と、自動車を運転するということ。一見すると、全く類似点を感じられないかもしれません。しかしながら、実は多くの類似点があります。
 会社経営という、目に見えない概念を理解する為には、身近な例(例えば、今回の自動車の例)を参考に、実態的な把握を試みていく事が、とても有意義だと思います。

 さて、会社経営と、車の運転との間の類似点とは何でしょうか。

 まず、第一に言えるのが、どちらも「ルールによって、円滑な社会を保っている事」です。自動車を運転するにあたり、道路交通法を学ぶように、会社経営をしていく上で、会社法や各種業法などの法律を学ぶ事は、経営者にとって必要不可欠な姿勢であります。

 そして、第二に言えるのが、どちらも「事故」が起こりうると言う事です。将来起こりうる事故に備え、保険をかける事も大切です。また、危険を予測する事によって、事故を回避する、いわゆる「危険予測運転」も、会社経営を安定的に進めていく上で(予防法務)、とても参考になる姿勢です。

 さらには、大きさ等によって求められる能力も変化してくる事も似ています。例えば、普通免許と大型免許の違いです。これを会社に当てはめれば、小会社と大会社と言った事になるでしょうか。大きくなればなるほど、周りへの影響力も大きくなってきますので、安全性を担保するためにも、それなりの能力を求められてきます。

 このように、会社経営を、自動車を運転するのと同じような心構えで望むことにより、会社運営を円滑に進めていくことができるはずです。

 以上に挙げた以外にも、様々な類似点や、更には相違点もございますが、ここでは深くは述べません。皆様、実際に経営者となってから、それらの事は、肌で感じ取っていただければ幸いです。そして、肌で感じられる状態にあれば、経営者として求められる姿勢を維持できていると思っていただいて結構なのではないでしょうか。
 
 
 ちなみに、自動車を運転するのとは違い、別に会社経営者になるために、免許制度のような、事前の規制はあまりかけられていません。
 しかし、事後の規制は勿論かけられているわけで、自分の会社を安全運転する姿勢は、それらの観点からも、とても大切であります。

 会社を経営する事は、車で公道に乗り出す事によく似ているのだと、理解して下さい。そして、皆様が優良なドライバーであり続けることを、願っています。
 運転は、運を天にまかすものでは有りません。会社経営も、同じ事です。

 本日は、以上に致します。最後まで読んでいただき、有難うございました。ブログランキングに参加しています。下のボタンをクリックしていただければ、幸いです。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆
有難うございます!
【2007/03/07 01:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
春の嵐
 こんにちは。今日は息抜きに、私のアフター6日記を書きます。
 
 今日は、夜から舞浜へ行きました。それにしても、すごい「雨」「風」でした。

 行きの電車は強風のため、時速20キロの徐行運転。新木場駅から舞浜駅に行くだけで、20分かかりました。(通常は5分程度で着くはずなのですが。)

 その後、用を済ませ、「東京ディズ〇ーシー」に行ってきました。こんな天気なので、かわいいネズミやかわいいアヒルに逢うこともできず・・・入園後、真っ先に向かったのが、期間限定で開催されている「カレービュッフェ」。勿論そこで夕ご飯を食べたのですが、そこからが恐怖の始まりでした。

 いやいや、食べ過ぎました・・・。ディ〇ニーシーではしゃぎすぎたのか、自分の限界を忘れていました。食べ過ぎが原因で、自分の体が全く動かなくなったのは2年ぶりです。卑しい自分を責めました。
 という事で、嵐の東京デ〇ズニーシーにて、冷や汗をかくこと1時間。ようやく動けるようになった体を動かし、何を思ったのか、また食べて・・・。
 すると次の瞬間、今までに感じた事のないほどの、吐き気と腹痛に襲われました!!(なんと、まあ)
 そうこうしているうちに、時刻も9時を過ぎ・・・乗り物には何も乗らず、東〇ディズニーシーを出る事に。

 すると、外は夕方以上の暴風雨・・・。
 店を出てから数分後、まずは相方様の傘が、大破。それを横目に笑った自分。次の瞬間、私の傘も、大破。
 
 結局、大破した傘を、だましだまし使いながら、舞浜駅まで行ったのですが、着いた頃には全身びしょ濡れでした。そして傘はもう傘ではなくなっていました。
 ということで、途中で渋々高い傘を買い、やっと舞浜の改札口を通り抜けると・・・。嵐の影響で電車が以降30分着かないらしく、ホームは人でごった返していました。
 「行きの電車に乗った時の経験則からすると・・・新木場駅に着くのは50分後・・・。タクシーを使うべきかな。」という事で、タクシー乗場に行くも、そこは勿論長蛇の列。結局30分ほど並び、ようやく乗車。
 未だに食べ過ぎで、気分の優れない私、最後の力を振り絞るべく、
「すいません、舞浜まで!」
と言った直後・・・1分程度の間が・・・。
「(今舞浜だ)ごめんなさい、新木場まで!」
と言い直し、ようやく出発。

 それにしても、このタクシーの運転が、荒い事、荒い事・・・。クラウン・コンフォートを操る彼は、大雨そして強風の湾岸道路を、時速100キロで駆け抜けました。法定速度を40キロオーバーです。(人の命を乗せているのだから、もっと安全に運転してください!)

 思うに、こういう日は、タクシー業界にとって「稼ぎ時」なのでしょう。お客の回転を早くしたいのは分かるのですが、思わず
 「ごめんなさい、安全運転でお願します。別に急いでないので。」
と、かなり強い口調で言ってしまいました。(運転手さん、ごめんなさい。もう少し違う言い方もあったのでしょうが・・・。それに、急いでないと言いましたが、実は急いでました・・・。)

 というやり取りをしている間に、無事新木場に到着。

 タクシーを降りると、何故か雨は止み、風も穏やかになっていました。(傘買った意味が無かったです・・・)

 そして、その後も続く下痢&吐き気と戦いながら、家路につきました。 

 こんな、今日のアフター6・・・。

 

 という事で今回、実は私が言いたかった事。

 「会社経営は、自動車の運転と同じようなもの。」

 なぜ自動車の運転?
 すみません、全然言えてないです。続きは次回に・・・☆

 ※本日の登場人物「相方様」へ一言 
   このような、惨めな私に嫌な顔を「あまり」せず、
   今まで付き合って頂き、有難うございます☆いつか
   は幸せにしますので・・・

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆

 【上のボタンの説明】
 このボタンをクリックしていただけば、私のブログランクが上がります!クリック有難うございます!

≪注意≫
今回の私の、「下痢」&「吐き気」は、食べ過ぎのために発生したものであり、東京ディズニーシ〇のカレーの品質によって引き起こされたものではありません。

【2007/03/06 03:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
失敗学
 こんにちは。
 博多から帰ってきてからというもの、一日三食を明太子と過ごしている関川です。(それにしても、おいしい・・・)

 さて、皆様「失敗学」という言葉をご存知ですか?

 失敗学とは勿論「失敗から学ぶ」事だと考えています。それを学問として突き進められているのが、『畑村 洋太郎先生』(現在 工学院大学教授・東京大学名誉教授)です。
 (姉や母親が、以前先生にお世話になった事があったので、私も勝手ながら身近に感じております・・・)

 その先生の番組が、本日の夕方、NHKの教育テレビで放送されていたので、私も興味を持って拝見いたしました。
 
 勿論、「失敗学」とは、企業が持続的に発展する(ゴーイングコンサーン)ために欠かせない姿勢の一形態であります。皆様も、是非興味を持っていただきたく思います。面白いですよ。

 そこから、「リスクマネジメント」にも興味を持っていただければ、経営者とても重要なスキルを得る事ができるはずです。

 本日は、以上にします。
 宜しければ、下のボタンを押してください!関川からいい話を聞きだしましょう!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆
 ありがとうございます!
 
【2007/03/03 21:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
博多 
 こんにちは。

 とある事情で、博多ば行ってきました。

 司法書士業に転向してからというもの、仕事で色々な町に行くようになりました。(以前はデパートで接客業をしていました。)

 そのような中でも、今回の「博多」は未知の遠さ・・・。関川の運命やいかに・・・ と思いきや・・・飛行機に乗る事90分後。結構あっさり着いてしまいました。

 日本は狭くなりましたね。

 という事で私、少しばかり宣伝を致します。
 
≪お呼びいただければ、全国何処へでも喜んでお伺い致します。≫

 博多、また行ってみたいものです。

 今回は以上にいたします。
 下のボタン・・・クリックありがとうございます!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ←ココです☆

 
 
【2007/03/01 18:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

司法書士・行政書士 関川嘉一

Author:司法書士・行政書士 関川嘉一
こんにちは!


司法書士の関川と申します。
中小企業の社長を元気にすべく、日々「会社の登記」や「契約書の作成」はたまた「遺言書の作成」の業務を行っております。

ライバル多きこの世の中、御社の事業を持続的に成長させるためには、情報を知っているだけでは足りません。情報を活用する力が必要になります。

弊所では、それを「応用力」と言っています。

ライバルと差をつけるために、何をしなければならないのか・・・

一緒に考えてみませんか?
不況だといわれる今を、チャンスに変えましょう!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。